FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Date: --.--.--
Category: スポンサー広告

真っ向勝負! ~昼ストでしか出会えない女~

シルキー『きゃりーさん、やっぱりあのアクセ買ってきていいですか?』

きゃりー『あぁ、いいよ。ここで待ってるわ。』





タバコを吸う人ならきっとこうゆうタイミングで一服するんだと思う。

僕は代わりにフリスクを一粒放り込み、ちょっとスッキリした息をふぅっと吐いた。













きゃりーの
ナンパDEグッドリズム
真っ向勝負!~昼ストでしか出会えない女~














今年も終わりから数える方が早くなった。
年初に第一線を退くと決めてから季節が3回も変わったのか。

『きゃりーさん全然第一線から退いてないじゃないですか!w』とも言われるけど、今年に入って一度も昼ストをしていない。

あれ?一回くらいしたかな?
とにかく、まぁ、そのレベルだ。



そうこうしている間に、僕がナンパクラスタに入った頃と色んなことが変わった。

そもそもクラスタなんて単語は無かったし、『スト師』という言葉は『ナンパ師』の隠語で、決して『クラナン師』と分けるためのそれではなかった。



昔は良かったとか、今の方が良いとか、そんなことはどうでもいいんだけど。



ただ、あの頃は休日の昼過ぎに茶屋町に行けば約束しなくてもみんなに会えた。

僕はあれが好きだった。
でも、今は誰もいない。


そしてそこに行かなくなったのは僕も同じだ。




誰もが美女を抱きたくて入った世界のはずなのに、気付いたら男同士のマウンティングに勝つための手っ取り早い手段として、ゲット数を稼げる夜に出撃している。

別に夜に出撃することやクラナンを否定するわけじゃないことを前置きさせて欲しい。僕も今はそうだしね。

ただ、僕自身がストリート出身だから、クラスタの人数は増えているのに昼ストをやる人が少ないことが寂しいんだ。きっと。



そんなことをモヤモヤと考えているときに、『久しぶりにやりませんか?』とシルキーが声を掛けてくれた。




…どうしようかな。

でもモヤモヤを取るには丁度いいかもしれない。えぇい。とにかくやってみるか!


僕はシルキーにLINEを返し、家を飛び出した。

















U街に着いた。

来慣れている街なのに、
久々に『ナンパ』をするために来たU街になんだかプレッシャーみたいなものを感じる。




シルキーと合流し、あーだこーだ話す。

嬉しそうに最近ゲットした子のことを話すシルキー。

ただ、目は合わない。
彼の視線の先では常に獲物を探している。



話の途中で、シルキーが急に真顔になった。




『あれ、行ってきます。』




シルキーが好きそうな、長身のオシャレ系。
彼はすぐに歩を早めた。







…一歩目が早くなったなぁ。


昔、僕が指名しても理由をつけては行こうとしなかったシルキーの姿はそこには無かった。





すげぇ。シルキーの刃はしっかりと研がれている。



対して、自分の刃はボロボロだ。

でも今日はそれを研ぎに来たんだろ?






…行け、動け!!







僕が好きなCancam系の子を見つけ、それに向かって猪突猛進。


しかし彼女との距離が近くなるにつれ、だんだんと不安が押し寄せてくる。







あれ…?
いつもなんて声掛けてたっけ…?










ここまで近づいてしまったんだ。
…もう行くしかない!





きゃりー『…すいません。』

Can子『…。』

きゃりー『あ、あの…。』





自分でもビックリするくらい
声が出ていなかった。

そして、それ以上に次の言葉が出てこなかったのがショックだった。

彼女からしたら、僕は小さい声で『すいません…』って言ってどっかに消えた気持ち悪いやつだったに違いない。







切り替えよう。
もうちょっとテンション上げなきゃ。




しばらくして、次のターゲットが見つかった。
早歩きの美人だった。

これは僕の勝手なイメージだけど、美人は早歩きの人が多い。
彼女たちは何をそんなに急いでるんだろう。
もしかしたら、僕らのような人種を遠ざけるための手段なのかもしれない。

シルキーが見てるのに、あれだけの美人を気付かないフリは出来ない。






…行こう。
行こう行こう行こう!







きゃりー『いやー!もう!美人なお姉さんの目的地が気になって気になって!夜しか眠れない僕ですよほんとに!やっぱり今日は月に2回のメナードの日ですか?』

美人『…苦笑』




オープンは出来たが、会話は尻つぼみで終わってしまった。
そして最後は無視に近かった。





…違う!



この声掛けじゃ夜のM街と同じだ。





ベースは誠実に。
そこにユーモアをプラスして。

少し照れながら、かつドヤ顔で運命を演出するんだ。








その後も声を掛け続けたが、僕はバンゲすら出来なかった。








あれ…?
俺ってこんなにナンパ下手だったっけ…?














シルキー『ちょっと気分転換で、ルクアで服でも見ませんか?』

きゃりー『うん。そだね。』



エスカレーターを昇ると、昔僕がブーメランした店が違う店に変わっていた。


『…よくあんなことやったなぁ。』



ナンパには色んなシチュエーションがあるけど、僕はブーメラン・ナンパが一番緊張する。


あんなこと、もう二度としたくないし、出来ない。







…けど一度はやり切ったんだよな。
あの時の俺はどこ行ったんやろ?






僕らはショッピングを楽しんだ後、グランフロントの方に出てナンパを再開した。






シルキー『きゃりーさん、やっぱりあのアクセ買ってきていいですか?』

きゃりー『あぁ、いいよ。ここで待ってるわ。』


タバコを吸う人ならきっとこうゆうタイミングで一服するんだと思う。

僕は代わりにフリスクを一粒放り込み、ちょっとスッキリした息をふぅっと吐いた。






その時。


ひと際オーラを放つ美女が目の前を横切った。


肌の透明感と、吸い込まれそうな瞳。
雑誌から切り取ったような人だった。


物凄い存在感だった。






…俺なんかじゃ無理だ。
ハッキリ言って釣り合わない。




でも、あーゆうのを倒したくて今ここにいるんだろう?


気付いたら、クチの中に入れたフリスクは消えていた。








…行こう。






ナンパの失敗は無視されたときじゃない。
声を掛けれなかったときだ!












『ちょwすいません!そりゃズルイすわ!…綺麗やもん!』

『えっw』

『不公平!…いやほんとに不公平を感じる!これだけ美人なら人生イージーモードでしょ?』

『そんなことないですよw』




よし、オープンした!
踏み込むな…一旦引け!



『いやすいませんね急に。僕友達とルクアで買い物してて。ルクアから出たら友達がやっぱりさっきのアレ買ってくる!って戻ってっちゃったんですよ。』

『あぁ、そうなんですね笑』

『そんなときにお姉さんが横切って…目ぇハートになりましたよ!どうするんですかコレ!その美しさは罪なので、とりあえずLINE交換してくれたら許します笑』

『なんですかソレww』






バンゲをするとき、手が震えた。
僕は舞い上がった。








シルキー『見ましたよ!あの子、めっちゃ綺麗でしたね!』

きゃりー『わはは、ありがと!やっぱ昼ストには夢がある!』






美人のバンゲは即より嬉しいことだと再認識した。

誘ってくれてありがとうシルキー。












そして2ヶ月後。




何度も途切れそうになった糸を引っ張り上げ、なんとかアポまでこぎ着けた。

待ち合わせ場所に現れた彼女は、相変わらずのオーラがあった。



グレーのワンピースに巻き髪で仕上げて来た彼女。
相変わらず肌には一点の曇りもなく、整った顔立ちは20m先からでも彼女だとわかった。




『お待たせ。お、ちゃんと俺のために可愛くして来てくれたやん。じゃあとりあえず市役所に婚姻届出しに行く?』

『あははwそうゆうノリの人でしたね笑』





…そう返してくるか。
少したじろぎながらも、無難な雰囲気を作りながら店に入る。




カランコロンカラン。




『ほら、ここ段差あるから。うまくつまずいて俺に抱きつこうか。』

『うふふ。ほんとにやったら抱き止めてくれますか?』




なんとなくだが、

こいつ…
わかってる。

強敵だ。




僕のこういったジャブは、女の子に『お、今日の相手はひと味違うぞ?』と思わせるのに有効なパンチだった。


けどおそらく、彼女はこういったアプローチを経験したことがある。
考えすぎかもしれないけど、全てがこの手のアプローチに慣れている返しに感じた。



そしてこうゆう返しをするタイプは水商売系の子が多い。

それはそれでコントロールしやすい部分も増えてくるんだけど、この子は水商売は未経験だった。





姿勢
箸の持ち方
振る舞いすべてが綺麗で、まるで日本舞踊を踊っているように見える。


素直にそのことを褒めると、『親のおかげかな?ありがとう。』と彼女は笑った。








今のところ突破口は見えない。






困ったときは外角低め!

僕は生まれました~からを語らせるルーティーンを使った。





彼女の経歴は立派だった。

学生時代はミスコンやモデル業など、眩い世界を経験。

美容業界を経て、
今は親の会社を手伝っている。


恋愛遍歴で言うと、夜遊び・火遊びとは無縁で、僕でも知っている芸能人や金持ち青年実業家と付き合っていた。





…くそ、こんなことなら聞かなきゃ良かった!





自分の中の劣等感に頑張って蓋をしようとしたが、きっと僕の顔は引きつっていたと思う。


そして何より感心するのは、彼女がそのことを鼻に掛けるわけでもなく、バランスを取りながら答えること。




これはスキルだ。
コミュニケーション能力の高い彼女に、僕は勝てる要素が無かった。









前半戦でほぼ勝負の見えたこの戦い。



なんだかんだ巻き返して、
家に連れ出してキスまでいったけど、やっぱり負けてしまった。




彼女を乗せたタクシーを見届け、少し肌寒くなってきた夜風に当たる。

吹き抜ける風が
我慢汁で濡れた股間を冷やす。






あ~!
負けた負けた!







負けたけど、
なんだか気分は晴れやかだ。








昼ストは

地蔵はするし緊張もするし、
酔っ払った勢いも使えないし…

足も痛くなるし
その割に成果は出ないし…






でも




それでもやっぱり昼ストは最高だ。













ちくしょう!

ぜったい準々即したるからな!












スポンサーサイト
[PR]

FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!
Date: 2015.10.15
Category: ☆サラリーマンの婚活ナンパ☆
Comments (115)
Trackbacks (0)

沖縄ナンパ旅行③ ~島人ぬ宝は誰だ!?~

『最終日は4人でやりたいね。』



この2日間はコンビで動き、そこそこの結果も出た。


でもやっぱり4人で来た沖縄旅行。


僕たちは観光しながらも、
夜のコンパ案件の確保を優先課題として掲げた。


















きゃりーの
ナンパDEグッドリズム
沖縄ナンパ旅行③
~島人ぬ宝は誰だ!?~











僕たちはトニーおすすめのソーキそばを美味しく平らげてから、割と近場のビーチに出掛けた。





『お!ちょうど良さげな案件おるやん!』





ビーチの中央に水着の三人組が居た。



色違いのアロハシャツを着た浮かれた僕らは、彼女たちの近くに陣取り写真を撮っていた。


声掛けのタイミングを見計らっていると、、、





清楚系舌ピ子『良かったら写真撮りましょうか~?』







逆ナン(°_°)!!







きゃ(´-`).。oO(俺にだな)
カウ(´-`).。oO(いや俺だろ)
トニ(´-`).。oO(ワシに決まっとる)

マニ(´-`).。oO(こいつらアホや…)




清楚系舌ピ子 21歳
ウエストくびれ子 21歳
巨乳ギャル子 21歳





清楚系舌ピ子に写真を撮ってもらい、お返しに僕らも写真を撮ってあげた。


きゃりー『ヘイヘイ!カモーン!もっと…もっと挑発した瞳で!そうもっと大胆にぃー!』←またコレ




巨乳ギャル子『お兄さんたちどこから来たんですか~?』

きゃりー『大阪やで~』

ウエストくびれ子『えー!そうなんですね~!てか…』





『大学生かと思いました!』







な…




なっ…!






なんていい子なんや(´Д` )!!









僕は一人だけスト値が飛び抜けているウエストくびれ子に恋をしました(´Д` )

ウエストくびれ子は笑顔が素敵な女子アナ系。




見つけた…
俺の新垣結衣







僕たちは夜一緒に遊ぶ約束をして別れた。


















そして勝負の夜。





僕らは集合場所にサプライズプレゼントを持って彼女たちを出迎えた。




きゃりー『これクジだから、せーので引っ張って?』


清楚系舌ピ子『え~?なんだろ~!せーのっ!』












ウエストくびれ子『あ~!ハイビスカスだ~嬉しい~!』





か、可愛いやつめ…(´Д` )




清楚系舌ピ子『ありがとうございます~!』

巨乳ギャル子『私のだけハイビスカスじゃないんだけど!』

きゃりー『すまん売り切れwだからクジにしたw』

巨乳ギャル子『えー(´Д` )まぁいいけど…。』




巨乳ギャル子のふてこい反応にヒヤリとしたが、概ね好評を得た。



きゃりー『てか、みんな私服も可愛いけど正装じゃないね。』

ウエストくびれ子『えっ?』

きゃりー『俺ら見てみ?全員アロハシャツやん。沖縄ではこれが正装やで!さぁみんなの分も買ってやるから行こう!』

ウエストくびれ子『いいの!?やった~!』




僕らは彼女たちのリゾートワンピを買い、ホテルの部屋で着替えさせた。













~女子着替え中~



マニー『きゃりーやるやん!』

カウパー『あのワンピースまくりあげてセックスできたら最高やな!』

きゃりー『ふふふ…リゾートワンピ作戦の意図はそれだけではないのだ!』

トニー『なになに?』

きゃりー『着替えるために一度ホテルに寄った…これが大事。今、飲んだ後のホテル連れ出しへのハードルが大きく下がったのだよ\(^o^)/』

カウパー『おぉ~!』

トニー『出た!策士!』

マニー『そうゆうアホなこと考えるのだけは凄い!』

きゃりー『よせよぅ、照れるやん\(//∇//)\』







カウトニマニ(´-`).。oO(これだけおだてとけば仕事するやろ…)









(LINE)
『着替え終わったよー!』


着替えた3人を隣の部屋に迎えに行った。

すぐにウエストくびれ子に目をやると、ブルーのリゾートワンピを着ていた。



ウエストくびれ子『…どうかな?』




か、


か…





可愛えぇ(´Д` )!!



まるで沖縄に咲いた一輪の花!
まさに島人ぬ宝!

初恋はレモン味。
しかし大人の恋はシークァーサー味だったんですね安西先生!














『乾杯ーー!!』



僕らはホテルの近くの沖縄料理屋で乾杯をした。




この4対3のコンパ。
一見有利に見えるが、人数が合わないことで難しいことも増える。



一番の問題は担当がハッキリしないことだ。


盛り上げつつも、周りを見渡すことを意識しなきゃ。






(´-`).。oO(…清楚系舌ピ子は誰でもいける気がするけど、特にトニーに食いついてるように見える。

俺のガッキーことウエストくびれ子はカウパーとマニーで挟んでるけどどうなんやろ。

それよりも問題は…あいつだ。)






先ほどふてこかった巨乳ギャル子が少しだけ輪に入れていない気がした。

この手のタイプはしっかり抑えておかないと、セパのときに真っ先にグダを起こす。



やるべきことが見えた。








お会計をしてみんなで外に出た。




きゃりー『よし、続きはホテルでシャンパンパーティーにしよう。巨乳ギャル子、買い出し付き合って?』

巨乳ギャル子『え…うん。』




ここはチームの勝利が優先!

ウエストくびれ子…後で口説くから待ってろよ( ̄ー ̄)











夜の国際通りを二人で歩く。




きゃりー『…ごめんな。』

巨乳ギャル子『えっ、…何が?』

きゃりー『俺あーゆう場だとバァーってしゃべっちゃうから、みんなこっち向くやろ?巨乳ギャル子一番席離れてたから、話入りづらかったかなーと思って。』

巨乳ギャル子『んふふ、そんなことないよ(^^)』

きゃりー『ほんとは巨乳ギャル子と一番話したかったんだけどね。』

巨乳ギャル子『えっ…』

きゃりー『あれ?気付いてなかった?…あ、着いたね。お酒買おうか。』

巨乳ギャル子『……。』








帰り道。



僕らは自然と手を繋いでいた。

心を開いた巨乳ギャル子は、とても素直なイイ子だった。

ふてこく見えたのは、ただ人見知りなだけだったんだな。




僕に笑顔をたくさんくれる巨乳ギャル子。




あれ…?



なんか…



安室奈美恵に見えてきたぞ…!!












僕たちはエレベーターでキスをして、みんなが待つ部屋をスルーして隣の部屋に入った。



リゾートワンピを脱がせ、迫力のあるFカップにしゃぶりついた。






きゃりー『俺のゴーヤが』

巨乳ギャル子『チャンプルになった』





グッドリズム\(^o^)/
グーッドウィドゥム!!




巨乳ギャル子は綺麗に精子を舐めとってくれた。













服を着て、急いでみんなの部屋に戻った。





あれ…?

マニーとウエストくびれ子がいない。



カウパー『よし、乾杯しよう!』




シャンパンを開け、和んでいるとマニーからLINEが届いた。




マニー『部屋連れ出したけど負けそう』




なに!?

ウエストくびれ子連れ出してたんか(´Д` )!!



マニー…はよ負けろ!

そして替われ( ̄ー ̄)




僕はすぐに対応できるように部屋を離れてロビーに来た。





(LINE)

マニー『かたい』

きゃりー『担当チェンジする?(はよ替われボケ)』

マニー『ちょい待って』




ふふふ
悪あがきしやがって( ̄▽ ̄)

ウエストくびれ子だって運命の俺を待ってるに決まってる!




マニーからのLINEはしばらく止まった。




そして…









マニー『即!』





はぁぁぁ( ̄◇ ̄;)!?






お、俺のウエストくびれ子がぁぁ( ;´Д`)!!








もういい!

俺には安室奈美恵こと巨乳ギャル子がいる!

ようやく気付いたよ…
やっぱり俺には君しかいない!!

キャンユーセレブレイト!?









(LINE)
トニー『きゃりーありがと(^^)巨乳ギャル子ゲットした!』

カウパー『清楚系舌ピ子ゲット→巨乳ギャル子もゲット』















巨乳ギャル子3即( ;´Д`)!!

おまえww
ふてこさどこ行ったんやww








こうして4対3のコンパは
全員がセックスするという形で幕を閉じた。

もうみんな嫌いww








マニー『疲れた…な。』

きゃりー『あぁ。(マニーしばく!)』

マニー『もう遅い時間だけど…クラブ行く?トニーとカウパー行くって。』

きゃりー『うーん、もういいかな。眠いし(どうせあいつらも坊主やろ)』

マニー『せやな。。寝よか…。』







Zzz…














ピローン

カウ・トニー『コンビ即!』









こうして沖縄3日間の旅は幕を閉じた。


《 結果 》
カウパー5即
トニー4即
マニー3即
きゃりー3即

合計15即

















飛行機を降り、大阪国際空港に着いた。

またすぐ会えるのに、3日間一緒に過ごした仲間との別れが惜しくなる。




カウパー『また来年もみんなで行こうな』




みんな頷いたが
僕は苦笑いを浮かべてしまった。




いつまでもこのままで居たい。
けど、ずっとこのままではいられない。





引退の日はいつか必ず来る。






だから、その時まで






もう少しだけこのままでいさせて。







ーENDー


Date: 2015.10.01
Category: ☆サラリーマンの婚活ナンパ☆
Comments (62)
Trackbacks (0)
プロフィール

きゃりー

Author:きゃりー
全米が抜いた…!?短小・早漏・中折れと三拍子揃った逆三冠王が繰り広げるラブ・コメディ。「きゃりーのナンパDEグッドリズム」絶賛放映中\(^o^)/

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。